blog

『手と手をぎゅっとにぎったら』(横田明子・作)のご紹介。

ぜひご紹介したい本があります。 『手と手をぎゅっとにぎったら』横田明子・作 くすはら順子・絵佼成出版社 こころのつばさシリーズ 虹川小学校四年生のぼくたちは、栗の木特別支援学校の知的障害教育部門の子どもたちと、交流授業をすることに。その事前学習で初めて訪れた支援学校。そこには、ゆるキャラでさまざまな案内が書...

『みる よむ あそぶ 金の船・金の星 子どもの本の100年展』

上野の森美術館で開催中の、金の星社 創業100周年記念『みる よむ あそぶ 金の船・金の星 子どもの本の100年展』に行ってきました。面白かった〜。 創業当時の資料展、人気絵本の原画展、イベントも用意された遊びコーナーの3つのエリアに分かれていて、どれも充実。 個人的には創業当時の資料展がとても楽しめました...

このサイトをリニューアルしたので、写真の説明させて。

サイトのリニューアルがわりとスムーズにできて、満足満足。思ったより難しくなかったです。 使っている写真はすべてパリで撮影したもので、この際だからちょっと紹介させてもらいます。 まずはトップページのヘッダーに使っている写真。バスティーユというエリアを歩いていると、いつの間にか辿り着くお店。木造で蔦で、この雰囲...

バカでアホのスカート@名古屋。

名古屋に帰省していました。2年ぶり? もっとかな。 写真は実家の猫、ゴロ。もうちょっといい名前があったんじゃないかと誰もが思うのだけど、誰も代案を考えないまま月日は過ぎて、そういう月日はたいがい早く経つというものです。 見事なまでの雑種で、毛足は洋猫、顔は日本猫、故にこの貫禄。しかもよく鳴く。ものすごく低く...

クッキーを買いに。思い出のお店、表参道うかい亭へ。

進物用のお菓子を注文するために、表参道のうかい亭へ。エントランス正面の赤い絵、そのとなりのアンティークのオルゴール。懐かしい。 ルコの三歳の七五三を、このうかい亭でお祝いしました。ちょうど10年前。そのあともう一度来た記憶があって、ルコも一丁前にステーキ食べていたけれど、でもまだ就学する前だったような。帰る...

どきどきする。ふでばこの中も外も。北川チハルさん『ふでばこから空』。

とても気になる低学年向け童話をご紹介します。 『ふでばこから空』 北川チハル 作 よしざわけいこ 絵 文研出版 文研出版の「わくわくえどうわ」シリーズの1冊で、わくわくもするのですが、それ以上にどきどきするんです。 2年生のゆいは、隣の席のしろうくんのふでばこの秘密を知る。竹編み細工のふでばこの中にいたのは...

伊東屋で万年筆を洗浄してもらい、気分まですっきり。

手前の2本は、若いころに、伊東屋の万年筆売場でうんうん迷って、まだまだ迷って、ようやく決めて購入した、PelikanのSouverän(スーベレーン)M400。最初に細字を買って、書きやすいから太字も買い足し。 その後、日本製の万年筆も使ってみたくて、日本橋三越5階の万年筆売場で、これまたうんうん唸りながら...

編集者&作家で、大人のお楽しみ会をやってみた。

平たく言えば飲み会。でももっと志とか遊び心のあるサロンのようなものをやりたくて、思いっきり仕切らせてもらいました。 編集者さんと作家27名で、著作権の歴史を学んだり、いま気になっている本について語ったり、最後はなんとジェスチャーゲーム! ふたつのチームに分かれて児童書のタイトルをジェスチャーで当てるのだけど...

祝・日本童謡賞!織江りょうさんをみんなで祝福。

第49回日本童謡賞を受賞された織江りょうさんを祝福するために、童謡協会の贈呈式・懇親会へ行ってきました。 写真は左から、チャイルド本社の中村猛さん、日本児童文芸家協会理事長・山本省三さん、作家の石川千穗子さん、織江さんと。 発刊されたとき、だれもが「これ、受賞するよね」と頭をよぎった受賞作。織江りょう 童謡...

NHK東京児童合唱団の養成クラス(小1〜2)募集中です。

「N児」こと、NHK東京児童合唱団の養成クラスのオーディションが行われます。 ◎オーディション:7月14日(日) ◎申込締切:7月8日(月)必着 養成クラスとは、正団員になる前に音楽の基礎を学ぶクラス。小学1年生と2年生が対象です。楽譜が読めなくても大丈夫、まだ上手に歌えなくても大丈夫。歌が大好きなお子さん...