2018-09-28

カステヘルミの色はクリアがいちばん!と思っていたけど、そうでもなかった。

ガラスならではの、そしてこのデザインならではの、惚れ惚れするグリーン。

「ヨッ!」

↑ なんかわからんけど、きれいだね、を讃えるかけ声

 

ヘルシンキの蚤の市で買った、カステヘルミ(露の雫という意味だそう)。
直径14cmという中途半端なサイズは思いのほか使いやすく、塩バターパンをちょこんとのせたり、夕食の取り皿にしたりと、大活躍しています。

以前、手持ちの10cmのクリア(透明)の小皿を電子レンジに入れたら、マンガみたいに真っ二つに割れたので、うっかり入れないように気をつけています。

 

旅日記にも書いたように、イッタラではなくヌータヤルヴィ社で作られていた頃のヴィンテージ。このサイズもこの色も、現行品では出ていないみたいだけど、興味のある方はイッタラ公式ショップを見てみてね。
ヴィンテージも、けっこうネットで買えるみたいですよ。

 

comment