blog

土曜の5時に引っ越した『ドラえもん』の新オープニングを楽しみにしていたら、想像を超えるセンスとエモさに、私の目からぽろぽろと涙がこぼれて、家族にビックリされました。

前半もシックでかっこいいけど、それはあくまでも助走。サビあたりから愛が炸裂!

 
サビ直前のスネ夫、ジャイアン、しずかちゃん、のび太が清々しくて頼もしく、サビの曲タイトルまで「ドラえもん」というタイトルが出てこないのも新鮮で、ドラちゃんの体内に道具が溢れていくところは見ているこっちも胸いっぱいに。鼻と尻尾がショッキングピンクになるドラちゃんも見逃せないし、「オープニングディレクター 依田伸隆(10GAUGE)」って文字だけ地味に出るのも奥ゆかしく、最後の「どどどどどどどど」はコマ送りで愛を受けとめました。パステルカラーは軽やかな未来への希望だね☆

歌の出だし「少しだけ不思議な 普段のお話」が言い得ているばかりか、『ドラえもん』を優しくラッピングしていて好き。

歌もアニメーションも、「ドラえもんで育った世代」が作っているんだもん。愛がいっぱいで新しい。何度見ても幸せな気分です。

other posts