blog

先日の句会は、千駄木に建つ登録有形文化財、島薗邸で行いました。リンク先にもあるように、脚気とビタミン不足との関係を発見した東大医学部教授の島薗順次郎氏の長男、島薗順雄さんが昭和7(1932)年に建てた家。あまり知られていないようですが、こちらのお家は半日単位で借りることができ、句会のメンバーがこの島薗邸のお掃除などをする「たてもの応援団」に入っているご縁で。ありがたや。

 

設計は、銀行建築を多く手掛けたという矢部又吉氏。どっしりと構えながらも気張らず、気取らず、趣味のいいお家です。この特別な空間で素敵な方たちとせっかく会えたというのに、お喋りもそこそこにうんうん唸って句作するのですから、俳句ってつくづく変態の遊びですね。
今回「天」をいただいた句はこちら。

 新米や名入りの箸も届くころ

新米の季節、名前を彫ってもらうよう頼んでおいたお箸も、そろそろ届くころだわ、という句。上五と中七はすんなりと決まったのですが、下五に置きたい言葉が見つからず、「揃えたり」でもないし「今日届く」でもないし…と、最後の最後まで粘りに粘って、締切3分前に「届くころ」だ!と。新米のわくわく感、できることなら、まだそこにないものに想いを馳せてのわくわく感が表したかったわけで、まあ納得の句。

other posts