lovely books

ご縁のあった素敵な本たち

『ほくほく おいもまつり』

なるほど、おいもというのは掘るところから始まり、みんなで持ち帰る、焼く、焼けるのを待つ、ほくほく食べる、笑顔になる、この一連がそれこそ芋づる式に連なって現れる、まさに豊作の喜び。にぎやかで楽しい、ねずみくん家族の収穫祭。「はじめての行事えほん」シリーズのトリを飾る1冊は、踊って食べて笑っての大団円で感無量。すとうあさえ ぶん なかたひろえ え ほるぷ出版

『のらねこバルとあひるのアヒージョ ふたりはいつもはらぺこ』

あ〜愉快愉快。名前からして酔狂な、バルとアヒージョの珍道中。オイシイ旅にするために、釣った魚や南極の氷で商売なんか始めるけれど、なんせ食いしん坊だからあれもこれも食べちゃって。そんなふたりが、今度は大量の卵を発見。さあ、食べるの?どうするの? ユルユル&パステルの脳天気ワールドが、そのままアニメになりそうな1冊。うえのよし 作 田中チズコ 絵 教育画劇

『幼児童謡曲集 たんじょうび』

「たんじょうび」「あかちゃん」「ゆびきり」など、新作の童謡10曲を収めた楽譜集。新しいけど奇をてらわず、素朴だけど洗練された詩。その詩の世界を守りぬく、柔らかなメロディ。心のまんなかにすーっと届く歌ばかり。全曲ハ長調で音域は1オクターブ内、伴奏もシンプル。園はもちろん、おうちでも♫ 作詩 織江りょう 作曲 中村守孝 音楽出版ハピーエコー(CDは非売品)

「がく」と「しゅう」江戸時代の思想家、安藤昌益をめぐる物語

ひとりの人物に心酔し、何年もかけてその人の物語を書くことの輝かしい執念。東北から自然界と人間を広く見据えた思想家・安藤昌益を、息子の「しゅう」とその友人「がく」の視点から描く。もっともだいじなのは土である。すべてが土の下で動く。とは昌益の唱える「土活真」の考え。著者の筆運びも、江戸時代の南部八戸の土に座りスケッチをしたようで天晴れ。江森葉子 文芸社

『サード・プレイス』

家でも学校でもない中高生の第3の居場所「サプリガーデン」を舞台に、4人の中学生が自分らしさを取り戻し、一歩踏み出す4つの物語。こんな場所が日本にもっとあればいいけど、それが叶わないならこの本があればいい。5人目の主人公になればいい。本書は中学生の声に耳を傾け、彼らの空気感や距離感を掴んで書かれている。気持ちいい。ささきあり 作 酒井以 絵 フレーベル館

おいしい行事のえほん『おつきみパーティーまんまるまんまる』

シリーズ第2弾は、お月見。今回もままこさんのもとで料理に挑戦する、あっくん&かよちゃん(私の名前から命名してくれたの♫)。豆腐とかぼちゃのだんご、さといももち、スイートポテト…。遊ぶように料理をしていく計算された誌面構成で、すぐにでも作りたくなる食べたくなる。ギフトにもお薦めの1冊。文 すとうあさえ 絵 山田花菜 レシピ提供 川島雅子 ほるぷ出版

『暗号サバイバル学園 01 秘密のカギで世界をすくえ!』

児童書に新しいジャンルが登場。それは「暗号」。普通の小学生・ハルトが入学した学校は、暗号学園ナゾトキア。もうこの時点でなんだか笑いが止まらない。主人公だけが活躍する本ではなく、読者の脳を冒険させてくれるのだから楽しいに決まってる。実際に、モールス信号や古代エジプト文字ヒエログリフも登場して想像以上に本格的。凄い。作・山本省三 絵・丸谷朋弘 学研プラス

『れいとレイ ルックアット ザ ブライトサイド』

わたしの家の隣に引っ越してきたアメリカ人のレイ。いや、日本に引っ越したぼくの家の隣に住むれい。どっちも正解。なぜなら、ふたりがそれぞれ一人称で語るから。英語を学び、つまずき、それでも学ぼうとするれいの姿に、英語を身につける本来の意味が子どもたちに伝わるはず。英語のブライトサイド(明るい面)が見えてくる1冊。うちやまともこ・作 岡山伸也・絵 絵本塾出版

『おかしっこ学校はじめ組 はじめてのハリキリにっちょくにんじゃ』

「なんでもさいしょは むずかしい」と帯の文字。大人だってそうなのだから、子どもならなおのこと。例えば初めての日直だって、みんな怖くてやりたくない。誰かが挑戦するけれど、やっぱりうまくいかなくて、でもその姿をみんなが見て…。はじめ組の個性豊かな仲間たちに自分を重ね、挑戦する力を身につける。いいなあ、こういうの。作 北川チハル 絵 公文祐子 東洋館出版社