blog

2020.06.10
  

『赤毛証明』の帯に

作家としても人間としてもリスペクトしている光丘真理さんが、新刊『赤毛証明』を上梓されました。この本の帯に、娘のルコのコメントが掲載されていて親子で感激しています。本になる前のゲラの段階で読ませてもらい、帯に使われることを想像しながら言葉を考えるなんて、中学生にとってはスペシャルな経験。有り難いわねえ。本はこちらで紹介しています。

2020.06.08

IKEAが原宿にやってきた

あれやこれやの原稿を仕上げて久しぶりに街を歩いてみたならば、すでに陽気は8月で、原宿駅前には待望のIKEAがオープン。入場制限をしながら穏やかに営業していました。べつに買いたいものはないけれど、いままで遠かったから嬉しいし行きたい。空いている時間帯を見計らって、だね。

2020.05.30

ふたつの総会

理事をやっている日本児童文芸家協会(児文芸)の総会と、会長をしているNHK東京児童合唱団(N児)保護者会の総会が終わりました。このご時世なので、児文芸は委任状を集め数名で行い、私は議事録署名人としてWEB参加。N児は初めての電磁的(ネット上の)書面表決。こちらは立場上、判断と準備に神経を使いました。私がこういう役回りを引き受ける理由はふたつあって、ひとつはご縁というか、巡り合わせだと思うから。もうひとつは自分の未熟さと向き合うため。さらには、いい出会いもあります。2019年度N児役員の皆さんにも多くを学びました。写真はピカソ。

2020.05.28

オンライン疲れ

休校になった当初は、絵を描いたり、アクセを作ったり、ミシンで服のリメイクまでしていたルコも、いまはそんな気力がない。学校と塾のオンライン授業と課題に追われ、朝から滅入っている。学校で学ぶのと同じ量だとしても、オンラインは疲れるらしい。準備をする先生方もきっとお疲れだと思います。今日、オンライン会議をしていた主人のパソコンからも「朝からずっとオンライン会議でもう嫌だ」という若い社員の声が。そうなるよね。ルコは来週、2時間だけ学校へ。学校が、いい気晴らしになるね、きっと。

2020.05.25

「みどりの窓口」

スマホに落語のアプリを入れていたのをすっかり忘れていた。文章を書くときには不向きだけど、画像処理など手だけを動かす作業時のBGMにはもってこい。立川志の輔の名演「みどりの窓口」を久しぶりに。2回も聴いてしまったよ。明日はなに聴こう。

2020.05.24

ペアルック失敗

なんか違うなとは薄々気づいていたんです、注文したときから。でもせっかくだから主人と着てみたら、ルコに写真を撮られて、インスタのストーリーにあげられた。失敗決定。私たちには似合わなかった…。着るけどね。

2020.05.23

悟りのマイカー

主人が乗って出かけた帰り道、いきなり動かなくなりレッカーで運ばれていきました。1990年生まれ。虚栄心を鉈(なた)で削ぎ落とした悟りのフォルム。主人と出会う前から乗っていたのが、いまや立派なファミリーカー。これまで何度も蘇ってきたじゃないか。また帰ってくるに決まってる。

2020.05.22

ルーブル美術館で模写をする人

あまりの堂々たる模写っぷりに驚き、ご本人にOKをいただいて撮影した1枚。ルーブル美術館では画家の育成のために、年間150〜200人に模写の許可をしているそう。作品から1m以上離れるなどのルールがあり、3カ月間通えるのだとか。懐だね。

2020.05.17

猫の品格

これはどうかと思うよ。

2020.05.07

クーン・ケラミックのマグ

Kuhn Keramik/クーン・ケラミック」のアイテムを初めて見たのは10年前。ドイツ生まれのこのイビツなマグカップに一目惚れ。ペンをたっぷり入れて、いつも傍らに置いています。

2020.05.04

魔性のクリエイティブ

資生堂の意匠を集めた展覧会の図録『美と、美と、美。資生堂のスタイル展』。魔性さえ感じる古き良き時代のクリエイションが、この赤い本の中に。スタイル展の全国展開は中止のようだけど、その世界観はこちらで覗けますよ。

2020.05.02

我が師匠

幾度となく見ているDVDに収められているのは、敬愛する指揮者・ショルティによる《タンホイザー》序曲のリハーサル風景。ショルティは基礎を重んじる。確かな演奏の上に、解釈や表現をのせていく。あの恐ろしく気持ちのいい音運びと、瞼に浮かぶ情景のつくり方は、私の仕事のお手本です。

2020.05.01

CHANELのCHANCE

誕生日に主人が買ってくれました。以前『ココシャネル』の絵本を書いたときに買ってもらったNo.5は、クラシカルで気高い人工香。そこへいくとCHANCEの香りは随分と洗練されているし、家にいてもつけたくなる軽やかさ。だけどNo.5にもCHANCEにも、その奥に同じプライドが流れているから嬉しくなるのです。同じだけど新しい。CHANCEという手垢のついた言葉の意味を、いま一度、考えています。

2020.04.17

今を生きる

テレワークの主人が私の隣でオンライン会議をしている。猫のレコさんがその邪魔をして追っ払われる。ルコは学校から届く課題と向き合うも集中できず、やおらクッキーを焼きはじめる。私は最近、父と電話でよく話す。父が好きな漢詩の話を聞いている。それを夕飯を食べながら話すと、ふたりがうんうんと聞いてくれる。今を生きる。最前線で働く方々に深く感謝をして。

2020.04.16

デコ蒸しまん

長野から嬉しい贈りもの。肉まんや餡まんの「まん」の部分を使った「デコ蒸しまん」。デコまん講師でもあられる、善光寺の宿坊の奥様より。真ん中の「主役」シールが貼られているのは、自著『よろしくパンダ広告社』の主役、本田パンダ。有り難いです。

2020.04.10

パンダ広告社に届いた手紙

作家仲間のまみさんを介して届いた小さなお手紙。私の著書『よろしくパンダ広告社』を読んでくれた中1のお嬢さんから。「パンダ広告社で自分が働いているような気分になりました。」「実際に働いてみたいです。」パンダ広告社のコピーライター・本田パンダとデザイナー・神田パンダ子が「マジで?」「大歓迎!」と喜ぶ姿が目に浮かぶ。作家冥利に尽きるというもの。

2020.04.06

誕生日なのだ

明日は緊急事態宣言発令の日ですが、今日は私の誕生日。朝からLINEにお祝いメッセージをいただき、母から電話があり、いとこのななちゃんから大人ピンクのネイルが届き、同じ誕生日の作家の先輩たちとは毎年恒例のメール交換。ルコは家庭科で習ったハンバーグを作ってくれ、主人は仕事帰りにケーキを、夜に香水も注文してくれました。年に一日ぐらい自分の日があってもいいよね。

2020.04.03

休校延長

休校が延期になってほっとしている。母娘の時間はまだまだ続くぞ、シクヨロだぞ。写真は巴里で、8年前。

2020.03.28

映画『羅生門』

コロナ対策で、外出自粛の土曜日。午後の中途半端な時間帯に、ポロンと放送された映画は『羅生門』でした。若い頃に観て以来、この映画のことは何故かときどき思い出す。写真はテレビを撮影したものだけど、この構図(奥に侍)。画面左のコロナ情報は2020年に観た証。

2020.03.13

休校につきアクセ作り

休校&お出掛け自粛の子どもに待っていたのは、絵に描いたような暇。ルコが見つけた「やること」は、アクセサリー作り。使えるものを作るのは、いいかもね。

2020.03.01

かよちゃん登場!

作家の先輩・すとうあさえ先生に「名前借りたから!」と言われたのは数カ月前。新しい絵本シリーズ『おいしい行事のえほん ひなまつりパーティー はるらんらん』の女の子に、私の名前を使ってくれました。不思議なのは「かよちゃん」の文字だけ盛り上がって見えること。確か『おおきなきがほしい』の妹もかよちゃんだけど、そんなことはなかった。名前を貸した=もはや分身だから? 応援しなくっちゃ。

2020.02.20

みんなの中目黒プロジェクト

マブダチのユウコさんが地元・中目黒で新しいことを始めるので応援しています。内装工事が始まり、経費節減のためにみんなでペンキ塗り。私も全身を完全防御して塗りまくったけれど、すごいのはご近所の友だちパワー。次々と親子でやってきて、親子で塗って去っていく。みんなを巻き込んだユウコさんの勝利、いや人徳だね。いずれここは、みんなの愛着の場所になる。春が楽しみ。

2020.02.16

CASA YAMA

les Briqu’a braque/レ・ブリカ・ブラック」「MATRIOCHIKA/マトリョーシカ」のデザイナー・山瀬公子さんが奥渋にオープンしたショップ「Casa Yama」のオープニングレセプションへ。きゅっと可愛い特別な空間で、派手なバッグを大人買い。新しいお友だちもできました。(ショップは移転しました)

2020.02.14

サロンのような

児童書のサロンのような場があったらいいなと、編集者さんと作家による飲み会を企画していて、今日はその2回目でした。ワークショップ、2020年運勢ランキング、福男福女による巨大胡麻団子入刀。仕切りっぱなしでごめんなさい。楽しかったね。

2020.02.03

配送センターをお探しなら

マッシュノートの通販は、国立倉庫という会社のネット通販物流代行サービスに支えられていました。繁雑な出荷内容でもカンタンに共有・管理ができるシステムがあり、さらに社員の方の手作業が素早く丁寧で美しい。マッシュノートのイメージと売り上げが大幅にアップしたのは言うまでもありません。強くお薦めします。

2020.01.26

はがきでコミュニケーション全国大会

郵便局が主催する「はがきでコミュニケーション全国発表大会」に、来賓として出席させていただきました。受賞した子どもたちが、大人のガン見に負けず壇上で作品を発表する姿の頼もしいこと。むしろ大人がいい経験をさせてもらいました。詳細と受賞作品はこちら

2020.01.25

Anjin

大好きな空間「Anjin」で、ルコのお友だち親子としっぽり新年会。やはり土曜の夜は予約が必至、ソファ席を狙うなら尚のこと。ローテーブルでの食事は子どもたちに不評かと思いきや、中学生はもう立派なレディなのね。

2020.01.06

テンダーハウスで朝食を

いつもの女子会メンバーで新春朝食会。白金台のザ・テンダーハウスに朝8時に集合して、間違いない朝食をいただきながらのお喋りは、とりとめもないようで刺激も癒しもある。朝はいい。話が上に広がるから。天に向かってラッパを吹くように、気分も会話も上広がり。夜だとこうはいかないよね。

2020.01.02

それぞれのお正月

仕事始め。少しずつ書き始めようとパソコンに向かうも「ららら♪クラシック」トムとジェリー特集に逃避行。ルコは友だちと映画「アナ雪2」。主人は「鬼滅の刃」の17巻を求めて書店をハシゴした挙げ句、渋谷で車のエンジンが30分かからず。レコさんは電気毛布の虜。それぞれのお正月。

2020.01.01

HAPPY NEW LIFE.

マッシュノートをクローズして一夜明けたら、2020年も明けていました。原宿のお正月は初詣と初売りで、元気もコンテンツも盛り盛りね。