blog

 

今の子の感覚。
少し前の「サザエさん」の「姉さんは裏方さん」という回。カツオの学校の学芸会で保護者の劇があるというので、サザエが参加するという話。主役じゃなくて裏方なのね、という展開の中で、波平がこんなことを言いました。
「裏方さんは、うちでいえば母さんみたいなものだ」
さらにマスオがタラちゃんに、
「みんなが外で活躍できるのも、おばあちゃんがしっかり支えてくれているからだよ」
これを聞いた娘(中3)が、いきなり不機嫌に。
「こういうことをテレビで言っちゃあ駄目。家族はみんなで支え合うもので、仮に誰かが支えるとしても、それが女の人だとテレビで言っては駄目」
ちゃんと波平は「うちでいえば」と限定しているのだけどね。さらに付け加えるなら、セリフひとつに不機嫌になるほど、娘はサザエさんを真剣に見ている、というか愛している。
もうひとつ。先日、大学生の甥っ子と、私の母と、私の3人で話していたときのこと。途中で甥っ子が「自分の話ばかりして申し訳ないけど…」と前置きをして、自分のことを話し出した。話って大概自分のことだし、別にバランス良く話してたけど。きっと大学生同士の会話のなかで、そういう気遣いをしているのね。ふーん。
つねに自分を客観視する世代。娘もよく「悪目立ちはしたくない」と言う。
娘の話に戻すと、こんなことも言っていた。
「SNSで女の子が痩せたいとか書くと、男の人が『そんなに痩せなくてもいいんだよ』とかコメントしてきて、は?うざっ!って思う。あんたたちのためにダイエットしてるんじゃなくて、自分が着たい服を綺麗に着るためにやってるだけだっつーの」
まあ、そうだけど。正直どっちでもいいわ。
その娘が今日15歳になりました。写真は昨夜のUber Eats。娘がストーリーに上げた写真を借りてみる。今の子らしい加工。

20201124
 

ソラアオの栗峰のチーズケーキ。
幻の京都丹波栗「栗峰(りほう)」を使った、「ソラアオ」というお店のチーズケーキ。もっと簡単に言うと、少し前に『ザワつく』で紹介されたチーズケーキ。放送を見た瞬間にネットで注文し、先日届きました。
ちなみに直径12cmで6,700円。しかし単体の販売は秒で売り切れていたので、チョコチーズケーキとのセット9,500円を購入。チーズケーキが嫌いな娘は呆れていたけれど、私たち大人だから。
お味の方は、長嶋一茂さんが「これを食べるために今まで生きてきた」なんて言っていたし、なによりこの値段。ハードル上がりきっているのに美味しかった。

栗の柔らかな甘さを絶対に邪魔しない、落ち着きはらったチーズの風味。こだわりの成果としてのシンプル(カシミヤのセーターなどにあるような)。確かに今まで食べたどんなチーズケーキよりも洗練されていて、値段を知って食べた方が、なるほどね、と味わえた気がする。
旬のものなので、今年の分は終了。また来年だね。

20201119

リニューアル。
「いわゆる引っ越し癖のようなもので」
家族にそう言い訳をして、またサイトをリニューアル。
本当の理由は、wordpressに飽きたから。かなり柔軟なテーマ(テンプレート)を使っていてそれはそれで楽しかったけど、やはり自分で考えて作るほうが面白いに決まっていて、以前使っていたBindでサクサクと。しかし、いざアップロードする段で往生した。ドメインとサーバーがぞれぞれ違う会社で、その絡みの設定が理解できず。みんなどうしているのだろう。
ホームページというよりポートフォリオ。ブログというより覚え書き。

20201111