humming note

ブログ、鼻歌まじりに

句会のメンバーによる句集ができあがった。和紙の表紙が選べて楽しいのだけど、中身に関しては私は喜べないでいる。自分の句に満足していないからだ。前回(10年前)の句集にはそれなりの達成感があったのに今回はない。気に入った句もあるにはあるが少なすぎる。この10年、私は何をしてきたのだろう。

俳句は言葉だけのものではなく、視点や切り口だけでもなく、感受性、暮らしぶり、生き方までもが投影されるのだから、裸をさらけ出すようなもの。私は俳句と真摯に向き合わなかったばかりか、俳味のない暮らし、生き方を選んできたのだろうか。へこむ。素っ裸で自戒の海に溺れている。しばらく溺れていようと思う。前にもどこかに書いたけど、空っぽのポジティブにならないためにも、ネガティブは必要。春になったら切り替えよう。

other posts