humming note

ブログ、鼻歌まじりに

映画『羅生門』

コロナ対策で、外出自粛の土曜日。午後の中途半端な時間帯に、ポロンと放送された映画は『羅生門』だった。自粛のお供に、NHKが急遽放送したのならチョイスが粋すぎる!と思ったけど、黒澤明 生誕110年で予定されていた放送なのかな。だとしてもベストタイミング。 20代の頃に観て以来、この映画のことはときどき思い出す。当然テレビの前に座った。 原作は、芥川龍之介の「藪の中」。あらすじは… ときは平安時代。どしゃぶりの雨のなか、羅生門の下で杣売り(志村喬)と旅法師(千秋実)が途方に暮れている。というのも、3日前に山中で起きた…★つづきを読む★

新・原宿駅

気づいたら、原宿駅が新しくなっていた。眩しい。 旧駅舎は都内最古の木造駅舎といわれ、なくなるのは確かに寂しいけれど、実際、駅が狭くて困ることは多々あった。ゴールデンウイークなんて人が多すぎて、駅に入ってから前に進めず、電車に乗るまでに30分以上かかったことも。目の前にいたカップルが、「あー、千葉駅の広さを分けてあげたい」と嘆いていて、分けてくださいと本気で思ったほどだ。お正月も初詣客を抱えきれずにいたと思うが、正月は駅に近づかないので分からない。そんな風だから、新しい駅の完成を楽しみにしていたのだ。 が、できてみると…。ザ・違和感。これじゃあまるでJRの駅じゃん。いや、…★つづきを読む★

胃カメラ

胃カメラをやってみた。別に気になる症状はないけれど、癌の家系ではあるので。生まれて初めての胃カメラ、眠っている間にできる病院が家の近くにあると分かり、すぐに予約をした。 上半身だけ着替えて、ベッドに横たわる前に喉の奥に麻酔のスプレーをされて、横になったら点滴されて、看護師さんに「こちら側へ横向きになって」と言われて…。そこから記憶がない。気づいたら、麻酔を覚ますためにベッドで寝ていた。通常30分〜1時間といわれていたけれど2時間も眠っていたようだ。 じつは行く前から、検査の後に少し眠るというのをとても楽しみにしていた。何もかも忘れて眠れると思ったから。★つづきを読む★

休校で暇すぎてアクセ作り

休校&お出掛け自粛の子どもたち。そこにあるのは絵に描いたような暇。うちのルコ(中2)も「暇すぎて宿題宿題やりたくなるわ」と柄にもないことを言い出すものの、時間がありすぎて集中できず。 そんななか、これはいい!と見つけたのが「アクセサリー作り」。小学生のときからアクセは作っていたので道具はある。パーツだけ買い足して、ああでもない、こうでもないと手を動かす姿は傍目にも楽しそう。使えるものを作るのは、いいよね。写真はどちらもルコ作。 ところで私も一緒に作ったのだけど、久々にやってみたら、何これー? 手元が見えない。近眼だから老眼鏡を持ってなくて、ハズキルーペとかもなくて、悪戦苦闘。まいったまいった。 若い皆さんには、休校のお供にオススメです。

2011年3月11日

写真は、2011年3月11日の午前中に撮影。当時飼っていた老猫・くうちゃん。 あれから9年。「Yahoo!ネット募金」というメールが来ていたので、募金してみた。「東日本大震災の被災校へ、必要な設備や備品、移動バス代を届ける募金です」とある。いまだこのような支援が必要な国で、オリンピックを開催しようというパラドックス。 私もまた同罪で、ネット募金をした10倍以上もの金額を、チケットを買うために使っている。それでコロナウイルスによりオリンピックが中止になったら、チケットはちゃんと払い戻しされるのか。そんな心配をしているのだ。もしも戻ってこないなら、東北に使ってくれ…★つづきを読む★

YouTuberになりたい

華丸・大吉じゃないけれど、「YouTuberになりたい」と思うことが、そうだなあ、週に1回ぐらいある。 この間も、Macの内蔵カメラに向かって、マスクの作り方をYouTuber風に紹介する真似をひとりでやっていた。編集したみたいなチャカチャカした動きで、ピコピコとか効果音も入れて。それを見ていた娘のルコが大爆笑。「やればいいじゃん、オバサンYouTuber」と言うので、「チャンネル登録して、友だちにも宣伝してよ」と言ったら、「ぜったい嫌。だれにも言わない」だって。ま、家族なんてそんなもん。 我が家のマスクもあと4つ。作る時間がないのでアマゾンで買ったけど、高いネー。

ドゥ マゴと思春期

あれは2週間ほど前の、平日18時過ぎのこと。娘のルコ(中2)とBunkamuraを訪れたのは、ふたりで写真展「永遠のソール・ライター」を見るためだった。しかし行ってみたら、月〜木曜は18時までだという。友人と出かけるなら事前に時間を調べておいただろうに、こういうところが親子の緩さというか。また出直そう、と言いながら同じフロアにある「ドゥ マゴ」の扉を押した。 ドゥ マゴの本店は、パリの老舗カフェ「Les Deux Magots」。サンジェルマンデプレの交差点にあり、私たちも何度か行っている。写真はルコが小1のとき。ブーたれてて可笑しい。 パリの旅の懐かしさを心のどこかで共有し…★つづきを読む★

かよちゃん登場!『おいしい行事のえほん』シリーズ

「名前、借りたから!」と、作家の先輩・すとうあさえ先生に言われたのが数カ月前。新しい絵本シリーズの登場人物に私の名前を使ってくださったと聞き、かよちゃんに会えるのを楽しみにしていた。 そして先日、「かよちゃん登場!」というメッセージとともに届いたのが(真っ先に送ってくれたそう)、こちらの絵本。なんと可愛らしい“かよちゃん”だこと。兄のあっくんと本屋のままこさんの元で、ひなまつり料理に大奮闘。これがまあ、楽しそうで。物語のなかで、ひなまつりのおすしやサラダなどがテンポよく完成していくので、読者は作りたくなること間違いなし。巻末にきちんとしたレシピがついていて…★つづきを読む★

みんなの中目黒プロジェクト

マブダチのユウコさんが地元・中目黒で新しいことを始めようとしていて、みんなで応援している。同じくマブダチのアキコさんと私(ふたりとも元コピーライター)は、助成金申請書類の事業コンセプトの書き方から、ネーミング、内装工事の会社選びまで、節目節目で口を挟ませてもらっている。 その内装工事もいよいよ始まって、経費節減のために2日間かけてみんなでペンキ塗り。私も全身を完全防御して塗りまくったけれど、すごいのはご近所の友だちパワー。ふらりと親子でやってきて、親子で塗って去っていく。するとまた違う親子がやってきて、親子で塗って去っていく。そのうちユウコさんのお母さんも…★つづきを読む★

パラリンピックのチケットの結果

以前のブログで「結果はいかに。」なんて放り投げた、パラリンピックのチケットの抽選。水泳、陸上×3、バドミントン、の計5種目エントリーして、水泳だけ当たりました。私の場合は20%の確率。エントリーされた方、どうでしたか? 写真はお馴染み、ミライトワとソメイティ。ずっとコンビで活動しているけれど、オリンピック・パラリンピックではソロ活動になるわけで、本人たちも見てるこっちも寂しくなるな、と母ちゃんいまから心配している。