blog

バレエを見てきました。

Bukamura 30周年記念フランkチャイズ特別企画 K-BALLET COMPANY/東京フィルハーモニー交響楽団
熊川哲也 新作『カルミナ・ブラーナ』

『カルミナ・ブラーナ』といってもピンとこないかもしれませんが、こちらの動画で流れているこの曲です。知らない人はいないはず。

この壮大なカンタータを熊川哲也さんがバレエに仕上げた、世界初の公演です。

「N児」ことNHK東京児童合唱団のメンバーが出演するので、ルコとふたりで観にいきました。ルコにとっては、後輩たちの応援も兼ねて。

素晴らしかったです。
オペラの感想はあれこれ書いちゃう私ですが、バレエは疎すぎて変なこと書くと申し訳ないので詳しくは書きません。でも素晴らしかったです。
舞台上の力に、熊川哲也さんの新しいものを作りだす力が重なって、すごいパワーを発していました。

N児の児童合唱も完璧でした。
カルミナの児童合唱は、小さい子が求められるので、出演は小学生がメイン。
80名ぐらいいたでしょうか。
シックでとても洗練された黒い衣装を着せてもらい、一人ひとりがプロフェッショナルな歌と動きをしているのが、よく分かりました。ブラボーです。

N児の活躍をもうひとつ紹介させてください。
今週末、9月8日(日)に放送の大河ドラマ『いだてん』に、N児の小学生メンバーが出演します。どんな風に出演するのか、いまから楽しみです。
ぜひぜひご覧ください。