blog

間部家の旅の写真をFacebookにも投稿していたら、ウィーンの写真を見て、作家仲間のいどきえりさんがコメントしてくださいました。

「懐かしのウィーン! 1994-1997年の3年間住んでいました。
19区のホイリゲ(居酒屋みたいなもの)によく通っていました。今頃だと、ワインになる前の、ワインとブドウジュース🍷の中間的な飲み物があり、面白くて飲んでいました!」

私はお酒が強くないので興味があり、さらに聞いてみたら、

「9月ぐらいから出回ります。シュトルムとかモストとか呼ばれていて、モストの方がジュースに近く、アルコールはありません」

さっそく探してみると、楽天のお店で発見。
ロゼと白のモストを購入しました。

これが美味しくて。ワインにする前の葡萄を搾っただけのジュースだそうで、なるほどこれからワインになるのね、というお味。
ダースでも販売していたけれど、ダースで買う気持ちがわかります。
いどきさんに大感謝です。

もうひとつ。昨日のことです。
「龍神王子!」シリーズや「キミと、いつか」シリーズなどでお馴染みの人気作家、宮下恵茉さんからメッセージが届きました。

「今日の読売新聞夕刊によろしくパンダ広告社載ってましたよ!! ご存知かもしれませんが画像送りますね」

全然知らなかったのでびっくり。
新聞で自分の本が紹介されたことも嬉しいけれど、それを送ってくださった宮下さんのお気持ちが嬉しかったのです。

教わるということは、その情報を知ることだけでなく、その情報を知らせてくれたお気持ちにも教わるわけで、二重のありがたさ。
そういう人間になるように、とまたまた教わって、人生学ぶことばかりです。

<追記>
その2日後、作家で詩人の杉本深由起さんが、読売新聞のそのページを郵便で送ってくださいました。ありがたいです。しあわせです。