blog

このブログで1冊ずつご紹介している、人気シリーズの最新刊です。

『はじめての行事えほん 七夕 みんなのおねがい』
すとうあさえ ぶん/おおいじゅんこ え 
ほるぷ出版

七夕の飾り付けをしていたうさぎのうーちゃんが、お友だちの願いごとが気になって、聞いてまわります。
ねずみのちゅーくん、くまのまっくん、かえるのけろちゃん。
それぞれのお願いがいかにも可愛らしいのですが、これがちょっと深いというか…。
好きなもの、やりたいこと、なりたい自分。
これです、これ! 
すとう先生の絵本は、シンプルでありながら、よーく考えられている。

もう一度書きます。好きなもの、やりたいこと、ないたい自分。
これって願いごとのビッグ3。だれもがそれを目指して、がんばっている。
だからお願いしたくなる。
それでタイトルを見直すと、あ、「みんなのおねがい」。

最後のうーちゃんの願いごとは、幸せの象徴だ。深いぞー。
絵もかわいい。七夕が愛おしくなる。
こういうシンプルで深い絵本を、子どもたちにさらっと読んであげたいよね。