blog

私はまだ名古屋の実家で暮らしていました。名古屋でさえ、すごく揺れました。
そのときのこと、そのあとのこと、いまでもときどき思い出します。

紫苑の花言葉は、追憶、あなたを忘れない、遠くにいる人を思う。
鎮魂の祈りを捧げます。