blog

テレビで訃報を知ったとき、両手で顔を覆って泣いてしまいました。
Yahoo!ニュースには、盲腸って書いてあったのに、そんな…。
えっちゃん…。主人と私は、愛と尊敬を込めてそう呼んでいます。

1995年、付き合い始めたばかりの私たちが、2回目のデートで出かけたのは、市原悦子主演ミュージカル「メガロピンク」。えっちゃんが派手な衣装で、歌って踊って弾ける最高のステージ! もともと私がチケットを2枚、それもけっこういい席が買えて、誰と行こうかな〜と思っていた頃に主人と付き合うことになったので、一緒に行ったんです。客席後方の扉から入って、席までふたりで階段を下りていった、あのときのことを、いまでもとてもよく覚えています。

えっちゃん、めちゃくちゃかっこよかった。キラキラしてて、ギラギラしてた。何をどう検索してもその動画は見つからず、写真すらないので、あの日私たちが見たえっちゃんは、私たちの記憶のなかでのみ蘇ります。

あのとき…。
私たちはまだ20代。主人にしてみれば、市原悦子の舞台は唐突だったかもしれないけれど、まるっと一緒に楽しんでくれました。もしも「い、市原悦子ですか?」と引いたり茶化したりする人だったら、私は間違いなく交際をやめたはず。そんなことを主人に話しながら、えっちゃんに、心から感謝しています。ありがとうございます。どうぞ安らかに。