blog


「サンタさんにプレゼントをお願いするときは、はっきり特定できるものがいいよ。どこどこのメーカーのあのオモチャのあのモデルとか、どこどこで売っているアレのあの色とか。そのほうがサンタさんも用意しやすいから」と教えていたのでルコもそうしていたのですが、小5のクリスマスは「裁縫箱」というざっくりとしたお願いでした。どんなのがもらえるか賭けではありましたが、翌朝、枕元に置いてあった裁縫箱を見て「サンタさん、センスいい!見直した」と、ルコ大喜び。いまでもときどき思い出して「サンタさん、どうして私の好みがわかったんだろう?」と言っています。
今年も何やらお願いしているようだけど、サンタさんって中学生のところにも来てくれるの?

裁縫箱のなかを見てみたら、シンプルな道具類と、なにやら作りかけのものが。