2018-12-01

明日は2カ月に一度、ときどき休みながらも15年続けている俳句の日なのさ。

明日は句会です。うーんうーんと唸りながら、準備をしています。句会では3句発表します。事前に幹事さんから与えられた季語でつくる「兼題」、好きな季語でつくる「雑詠」、そして句会の席で幹事さんから発表された季語でつくる「席題」。今回の兼題は、水鳥一切(カモや鶴や白鳥も可)。その兼題と雑詠の2句、なんとかできた…けどまだ納得できてない。今日も寝るまで、明日の句会の席でもギリギリまで推敲を重ねます。五七五の17音。この難しさ、奥深さ、純真さ、残酷さ、大変なのさ、でも頑張るのさ、難しいけどさ、楽しいからさ。写真は、兼題の水鳥(白鳥)。夏に山中湖で。

 

comment