2018-09-29

誕生日の人の家で誕生日の人に豪勢にもてなしてもらう、まさかの逆誕生日会。

年齢も職業も家族構成もそれぞれ違うけど、ひょんなことで集まって、それからかれこれ6年以上。私を含む6人の楽しい女子会が続いています。

一人ひとりの誕生日をお祝いするのを口実に、飲んで食べて喋り倒して、そのうちそれだけでは飽き足らず、最近では月に1度、定例会とかなんとか言っちゃって一緒に朝ごはんを食べています。

みんなちゃんと大人で、ものすごく情に厚くて、仕事はデキるのにどこか抜けてて、なんだか妙に安心できて、私なんてちょっとした悩みなら、みんなに聞いてもらうだけで解決します。

だいたい私は、6人中2番目か3番目によく喋るかな。
1番にはなれないんだなあ。抜かせない人がいるから。

先日、そのグループのひとり、ナオコさんの誕生日会がありました。
引っ越したばかりの優雅なナオコさんの家で、ナオコさんのお洒落な手料理をいただきながら、またひたすら喋りつづけ、終いには「ちょっと寝るわ」と爆睡する人もいて、そのあいだもナオコさんは働きっぱなし。これ誕生日会かしら?と思いつつも、その最高の数時間のおかげで、心も体もリフレッシュできました。

そういうわけで、またしばらく頑張れます。

オメデトウ&アリガトウ、ナオコさん!

 

comment