2018-09-15

田舎館駅のリアルなこなれ感。

主人が青森県田舎館村を訪れたときに撮ってきた、田舎館駅の古い駅舎。

まるで映画のセットのよう。
でもよーく見ると、やっぱり違う。ちゃんとリアル。

後付け感満載のサッシ、イームズのベンチと土木会社のベンチの両立、ポスターには「家入レオ」の文字。外壁の使わなくなった穴に何かがぶち込まれているあたりにも、やはり映画を超えたリアルがある。それに映画なら、この灰皿は置かない。

ちゃんと現実の積み重ねがそこにあって、なのにこの、こなれ感。不思議。

「いなかだて〜」と自己紹介みたいな駅名も、ローマ字表記で世界に発信中。

なんだろうね、このかっこよさ。

 

comment