blog

来年の手帳を選ぶことは、来年の暮らし方を選ぶこと。
それは毎年恒例の楽しい作業だけれど、2020年は2019年と同じものを使うことにしました。使い勝手がいいのです。とくに私のような仕事の人には。

長年ウィークリータイプを使っていて、2019年用にもヤル気満々書く気満々のものを買ったのが昨年の今ごろ。しかし現物を見て、はたと気づいたのです。手帳にあれこれ書けば書くほど、原稿を書く時間が減ることに。予定は少ないほうがいい。マンスリーで十分なほどに予定は抑えて、そのぶん書きたいもの書こう、あるいは本当に自分がやりたいことをしよう、とね。書く気満々手帳は、仕事の予定が多いお友だちに差し上げて、選び直し。そこそこの大きさは必要なので、A5版のものをネットで見比べ使い方を想像し、行き着いたのがこれです。

高橋書店の「ディアクレール ラプロ」
こちらでチェックしてみてください。

高橋書店に頼まれたわけでもないのに、3つの特長と活用法をご紹介します。

【奇跡のWマンスリー】ポイントはなんといってもこの左の縦カレンダー。1冊にマンスリー2個はわりとあるけれど、1見開きにマンスリーが2個は珍しい。私はここに娘の予定を書きます。家族の予定だけでなく、趣味やダイエットにも使えそう。(追記:日本能率協会のマンスリーにもWタイプがあります) 

【決意の2行】メインの枠には下に2行分の罫が。私はこの2行に、その日に取り組む仕事(作業)を書きます。「今日はこれを!」と決意の2行。さらに外出する日は、日付けの数字に蛍光マーカーで印をつけ、この蛍光印が増えすぎないように気を付けます。
 

【嬉しい三位一体】マンスリーページのすぐあとに、ノートページが2見開き続くのも有り難い。1見開き目にはひたすらTO DOを、2見開き目にはメモを。
 

カバーが無地の合皮ではちょっと退屈、という私のような人は、自作するのもまた楽し。2019年は、透明のノートカバーに好きな紙やポストカードを入れてみました。2020年はどうしよう。忙しいときほどこういうことを考えたくなるのは、来年への現実逃避ですね、きっと。

other posts