blog

ルコの幼馴染みたちの演奏を、夫婦ふたりで(ルコいないのに)聴きにいくX’mas。

クリスマスイブのきのうは、主人と渋谷区青少年吹奏楽団のクリスマスコンサートへ。会場は、地元・原宿の中学の体育館で、その中学の吹奏楽部も出演するダブルコンサート。渋谷区の吹奏楽団にも、中学の吹奏楽部にも、ルコの小学校の同級生がいるので、彼らの演奏と成長した姿を見にいこう!と出かけたんです。ルコは予定があったの...

大掃除は、若い頃から家政婦さんに依頼。主婦失格?そもそも合格する気がないの。

きのうは大掃除でした。前にもどこかに書きましたが、年に2度、家政婦さんにお願いしています。結婚前、コピーライターをしていた20代の頃からの習慣です。年末は忙しいし、自分でやるより効率いいし、自分で働いたお金で払っているわけだから、主婦失格といわれてもヘッチャラ。あれもこれもできないよ。 ずっと同じ家政婦紹介...

劇団四季『ライオンキング』を最前列のセンターの席で。完璧な再現<完璧な表現。

最前列のド真ん中のチケットが2枚手に入ったので、ルコといっしょに『ライオンキング』を観劇。役者さんの表情やら、衣装の質感やら、当たり前だけどよく見えました。なにもかも素晴らしかったけど、舞台装置にはいちいち感動。CGじゃないんだもん。デジタルで「完璧に再現」もいいけど、アナログで「完璧に表現」するのは、やっ...

N響「くるみ割り人形」2日目は、思わず手を伸ばして掴みたくなる夢の世界。

N響「くるみ割り人形」2日目。指揮・ウラディーミル・フェドセーエフ、ルコも児童合唱で出演。まだ余韻に浸っています。何度も涙がでました。フェドセーエフの柔らかな指揮、指揮者とオケとの間にある尊敬と信頼、すべての音への愛情。大いに魅せる、でもけっして大げさではなく、夢の世界はこんなに近くにあるんだ、と感じさせて...

まろやかにひびくN響の「くるみ割り人形」で、2018年を締めくくっていく。

きょうは、サントリーホールでN響のコンサート。チャイコフスキーの「くるみ割り人形」。ルコも児童合唱で出演しました。指揮は、ウラディーミル・フェドセーエフ氏、御年86歳。何の不安もない清らかで豊潤で幸せな演奏でした。ラジオでも生放送されたみたい。コンサートは明日もあります。楽しみ。  

園長先生にもらったヒヤシンスを園長先生に教わった通りに育てる。ふと心が動く。

ルコは年少だけ幼稚園に通い、年中の春に保育園に転園しました。幼稚園には1年しか通っていないのに、当時の園長先生とは、9年経ったいまでもお付き合いがあり、手紙のやりとりだけでなく、ときには長電話をすることも。ありがたいご縁です。 先日、園長先生からヒヤシンスをいただきました。水をいっぱい入れて暗いところに置い...

月曜の朝の大量のアイロン掛け。これが、日常のなかでよく頭をよぎるんだなあ。

主人のワイシャツ、ルコの制服のブラウスや合唱団のTシャツなどなど、今朝は合計ちょうど20枚。アイロンは、月曜の朝にまとめて掛けます。終わらないんじゃないかと思うけど、幸い必ず終わります。けれど残念ながら1週間後にまた始まります。 日常のなかで、このアイロン掛けのことをよく考えます。面倒なことがあれば「でもい...

ルコ、13歳の誕生日。ディナーの途中で、サプライズのマジックが始まり大興奮。

きのうは、ルコの13歳の誕生日でした。ディナーの予約をしたお店は、マジシャンがマジックをしてくれる「うさぎや」というフレンチレストラン。ルコには内緒にしていたので、ディナーの途中でマジシャンが現れたときには、とてもびっくりしていました。 お料理もとても美味しかったです。いろんな味を知ることも、大切な経験のひ...

ブログはさらりと短めに、ときどきお休みもします。レコさんバッハがお気に入り。

毎日わりとがっつり書いてきましたが、忙しくなってきたので、ブログはさらりと。更新をお休みすることも。でもできるだけ書くので、ときどき覗いてくださいね。 レコさん、バッハとずっと遊んでいます。バッハは顔色ひとつ変えず、楽譜を握りしめて。素晴らしいプロ根性。見習いたいわ。  

七五三は3歳も7歳もアンティーク着物でした。これから迎える方、参考にしてね。

突然ですが、ルコ(いま中1)の七五三の写真です。来年以降に七五三を控えた方や、着物が好きな方に紹介させてください。どちらでもない方もよかったら。 明治〜大正ごろのアンティークの着物を着せました。色も柄も、いまどきのものとは少し違って、アンティークならではの個性的な装いになります。 上の写真は7歳のとき。時代...

築83年の古民家カフェ「こころみ」の異空間で、おっさんとくつろぐ秋の高円寺。

先日、主人と高円寺を歩いていて、たまたま通りかかったこのお店。なんだろう、とふらっと入ってみたら、とても素敵なカフェでした。築83年の日本家屋を改築して作ったという、レンタルスペース・カフェギャラリー「こころみ」。 靴を脱いで店内に入ると、大きなダイニングテーブルの席や、応接間のようなソファの席があり、だれ...

NHK『コントの日』のロッチ中岡をガン見するレコさん。分からなくもないけれど。

きのうNHKでやっていた『コントの日』。 「プライベートなんで」ってコントでロッチ中岡さんが出てきたら、レコさんテレビの前にやってきて、どかっと座って、なぜかガン見。 たしかにこのコントは面白かった。 行きつけの喫茶店で働く愛想抜群のウエイトレスが、カー用品の店で会ったらめっちゃヤンキーだった、ってだけの話...

ルコが古着やリメイクの服を着るようになって、買い物に付き合うのが楽しい。

ルコ(中1)に付き合わされて、竹下通りのスピンズというお店へ。このあいだは、シカゴにも行きました。どちらも古着を扱っているお店です。 古着を見るのって、宝探しをしているようで楽しい。いつもあまり時間がなくて、「またゆっくり行こう」と私から言うほどです。 とはいえ、10代の買い物はなかなか面倒くさく、ルコには...

お土産選びが難しくて、神戸に行ってもないのに神戸のお菓子を主人が買ってきた。

主人が、関西方面に出張する機会が何度かあり、そのたびにお土産を買ってきてくれるのですが、時間がないなか駅で選んでいるせいか、なかなか私たちを喜ばせてくれません。 聞けば、お店の商品に「売り上げナンバー1」「ナンバー2」というPOPが貼ってあって、それを1位から順番に買ってきているというのです。売り上げと美味...

思い出のつまった「付け髭」は、土日も休まず年中無休の大忙し仕様だった。

引き出しをガサゴソやってたら、付け髭が出てきました。 これがなにげにすごくて、ほら、日替わりで付け替えるタイプ。 日曜は、ハリウッド。なるほど、わかる気がする。 月曜は、ヒーロー。週の始めは、かっこよく。 火曜は、四角く。形で攻めるんだ。 水曜は、乱暴者。あら。 木曜は、ずる賢い男。たまにはいいか。 金曜は...

中国快餐店、nostos books、カフェ・ロッタ。おっさんと行く、秋の松陰神社前。

日曜日。ルコが合唱のレッスンでいないので、夫婦ふたりで松陰神社前へ。 中国快餐店で担々麺を食べて、 nostos booksで古本を買って、 カフェ・ロッタでケーキとカフェラテ。 以上、間違いないコース。 世田谷通りから線路までの短い区間に、楽しいお店がぎゅっと詰まった松陰神社前。 秋のお散歩におすすめです...

マリメッコ「Vihkiruusu/ヴィヒキルース」日本限定プレート。その、しっとり美。

マリメッコの食器は重宝するサイズやデザインが多いのですが、この小さめのプレート(15×12cm)は1日に何度も使います。 パンやケーキはもちろん、食事のときにはおかずものせるし、餃子のタレも入れるし、お弁当用の冷凍食品をチンするときにも便利です。 娘のルコのおやつに(猫のレコではなく!)大学芋をのせるときだ...

アレクサと付き合いはじめて、3カ月ぐらい経ったかしら。早くも倦怠期。

ルコが海外演奏旅行に行ったときのこと。夜、おなかがすいたので、ホテルの部屋でカップラーメンを作ろうとして「こんなときアレクサがいたら3分計ってもらうのになあ」と思っていたら、友だちがボソッと「こんなときアレクサがいたらな」と言ったので、「それな」と答えたそうです。 なんだよ、そのドラえもんみたいな感じ。 &...

生まれて初めて作ったおだんごは、まるでお月見らしくはないが私らしくはある。

なぜちゃんとまん丸に作らなかったんだろう、という後悔。 どうしてあのツルンツルンのだんごがピラミッドみたいに積めるんだろう、という謎。 みたらしのタレを作ったつもりが、なぜかしゃびしゃびになったけど、これはこれでさりげなくて好き、という納得。 三方(だんごを載せる台)がないから、おだんごがいちばんお洒落に見...

ミューザ川崎の託児室にいたチビが10年後にステージでマーラー歌ってる不思議。

ルコが児童合唱で出演するので、マーラー交響曲第8番 変ホ長調「千人の交響曲」を聴いてきました。8番を歌うのは、2年前のN響、パーヴォ・ヤルヴィ指揮に続いて2度目です。 今回は、東京ユヴェントス・フィルハーモニーの創立10周年記念演奏会、指揮は坂入健司郎さん。東京ユヴェントス・フィルも指揮者の坂入さんも、とて...

夫婦ふたりの時間が思ったより早く来たわけだが。

今日は昼過ぎから夕方まで、所属している日本児童文芸家協会の用で外出。 ルコは夕方から桜新町のお祭りへ。私がいなくても、ひとりで浴衣を着て、髪も結って出かけたそうな。 夜は夫婦ふたりだけだから、さくっと外食。そのあとドーナツのお店で適当に。 主人が「出張先のホテルでテレビをつけたらパリの風景が映っていて、やっ...